電力の買取価格(売電)



発電した電力が高額な価格で売れます!

太陽光発電を導入する一番のメリット。それは何かご存知ですか。それは、高額な価格で電力を売ることができることです。

2012年7月から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」というものが開始されました。

これは、特に再生可能エネルギーで発電した電気について、余剰電力を買取るというもので、10年、20年といった長期に渡り、平均よりも高い水準の固定価格で買取る事で、各エネルギーでの発電事業を伸ばそうという目論見があります。

この制度で対象になっている再生可能エネルギーは、太陽光をはじめ、風力、水力、地熱、バイオマスの5種類となっています。

買取期間は最長20年間!

具体的な価格は、太陽光10kW以上のシステムだと、最長20年間に渡って1kWあたり42円(税抜き)で買い上げる事が保証されています。※2012年現在

家庭用の太陽光発電ですと、10kW未満の区分になりますので、買い上げ価格の固定期間は半分の10年ですが、価格は同じく42円に設定されています。

おなじ家庭用でも、燃料電池と組み合わせたダブル発電の場合は1kWあたり34円になります。

通常の家庭用電力が1kWあたり約24円ですので、多くのケースでは、プラスに転じることになります。つまり太陽光発電を導入したご家庭や事業者は儲かるような設定なのです。

高額な買取価格は、早く導入した人だけの特典!

ただ、この非常に良い条件を享受できるのは、は残念ながら、早く導入したご家庭や事業者だけです。あくまでも再生可能エネルギー普及の為の措置ですので、買い取り価格は毎年見直されて、引き下げられる予定です。(一度売電がスタートした方の買取価格・期間は当初の特定契約の内容で『固定』されます。※経済産業省資源エネルギー庁ホームページより)http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/kakaku.html

太陽光発電が普及するにしたがって買取価格は下がることは決まっていますが、「執行後3年間は、買取価格を決めるにあたり、再生可能エネルギー電気供給者の利潤に特に配慮する」とされていますので、2014年までに導入した場合の買取価格は極端に下がることはないと考えられますが、早く導入した方が得する確率が上がるでしょう。

地元の優良業者を見つけるコツ!

早速、太陽光発電の導入を考えて見たいとお考えのあなたは、まずは、安心できる地元の優良業者を探してみましょう。

良い業者を見つけるコツは、厳しい審査基準を満たした業者で、トラブルやクレームのない優良業者が登録している「見積もりサイト」を活用することです。

導入する場合は、必ず3社以上の会社から見積もりを取り、比較してみましょう。確実に何万円も安く太陽光発電を設置できるだけでなく、ピッタリの条件の太陽光発電システムが見つかります。

      << トップページに戻る



コメントを残す