その他の装置の価格

太陽光発電は、発電パネルを設置するだけでは不十分です。

パワーコンディショナー
パネルの他に、最低でも発電した電気を調整して、家庭用の交流電流に変換するパワーコンディショナーという物が必要になります。




価格的にはおおむね30万円前後ですが、これも大きさや機能により色んなタイプがありますので、発電システムや設置場所に合ったものを選ぶようにしましょう。

基本的に発電容量が大きいシステムですと、パワーコンディショナーも大型になって価格も上がります。

パワーコンディショナーの国内メーカーの保証期間は太陽光パネルより短い10年や15年保証が一般的です。15年も先になると、太陽光発電は今よりも安く交換できる可能性はありますが、15年後ぐらいで交換しなければいけない覚悟はしておくべきでしょう。

接続箱

また、利用する太陽光システムの組み立て方によっては、接続箱と呼ばれる電流の中継器が必要になる場合があります。接続箱はパワーコンディショナーに組み込まれているものもあります。主に日照時間や、降雪対策として発電システムを2系統以上に分岐する際に使われるもので、一台3万円から7万円ほどです。

モニター

また、太陽光発電の効果を分るようにするのと、余剰電力を売却できる様にする為に、ほとんどの太陽光発電システムには、システムを監視するモニターが組み込まれています。このモニターには、今どのくらい発電しているか、更に家の中でどれくらい電気を使っているかといった情報が一目で分かるようになっています。

太陽光で発電して利用しなかった分の電力は、電力会社に売る事が出来ますので、太陽光発電システムでどれくらいの節約になったかを知る為に必要な装置です。

最新式のカラー液晶タイプのものですと、10万円を少し越えるぐらいの価格設定になっていますが、簡易表示の液晶であれば数万円というものもあります。



 << トップページに戻る  太陽光パネルの価格 >>